楽天モバイルのメリット・デメリット、プラン詳細まで網羅!

楽天モバイルの月額と解約

楽天モバイルのお得な基本料金や初期費用についてご紹介します。今使っているスマホ代と比べながら、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。早速、楽天モバイルのそれぞれの料金およびプランについて、初期費用も加えてご説明しますね。

料金と初期費用

楽天モバイルの月額プランは、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。音声通話もできるSIMでは、070/080/090の番号が利用できるので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、データ専用SIMは、携帯電話としての機能はないので、間違わないように注意してくださいね。音声SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円です。

ベーシックプランというのは、200Kbpsの低速通信のみ使い放題となるプランの1つで、ベーシッププラン以外の通信速度は、225MbpsのドコモLTE高速通信を使用するプランとなっています。楽天モバイルの初期費用はわずか3,240円。後は端末を新規に購入したい場合の代金だけとなります。

解約縛りについて

楽天モバイルの最低利用期間について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。音声通話SIMに限っては、12ヶ月間は利用しないと解約手数料がかかります。一年以内に解約したい時には、違約金として9800円をいただきますのでご了承ください。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 13ヶ月以上経てば、いつ解約しても違約金が掛からないのは嬉しいですね。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。auなどの大手キャリアから、楽天モバイルに乗り換えた場合、月額使用料を大幅に低くすることも可能です。楽天モバイルの格安スマートフォンなら、なんと月額1250円で使用でき、大手キャリアと比べるとかなりお得なので、大人気になっています。またdocomo回線を利用しているため、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。早速、楽天モバイルのすべてを網羅したまとめになりますので、楽天モバイルに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo同エリアの格安SIM

楽天モバイルはdocomoの回線を使用して運営されています。つまり、docomoと変わらない音質で使用でき、サービスエリアも広範囲でつながりやすさは信頼できます。docomoのスマホなら、大半の機種が、楽天モバイルでそのまま使えます。docomoのスマホを買う必要はありません。楽天モバイルでは端末とSIMカードのセット販売も行っているのでそちらを購入してもOKです。楽天モバイルでそのまま使えるドコモのスマホだったら、始めの費用はSIMカードの代金だけでいいので、新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。楽天モバイルは安い月額料金で信頼のおけるドコモ回線が利用できる格安スマホといえます。

SIMフリースマホの種類がよりどりみどり

楽天モバイルの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、お手数ですが、新規でスマホを購入していただくことになります。楽天モバイル対応のスマートフォンは楽天モバイルで買うことができ、楽天モバイルの以外のMVNOと比べても,非常にたくさんの種類があります。スマホ以外にもタブレットのラインアップが豊富で、使い方や好みに合わせた選択ができます。唯一の弱点を挙げるとすれば、端末代金を分割払いにしようとすると、楽天カードが必須という点です。楽天カードをお持ちでない場合、端末の代金は契約時に一括で支払わなくてはなりません。それでも選択できる機種の種類が他のMVNOよりも多いことは、楽天モバイルの大きな強みとなっています。

高速通信容量の翌月繰越しにも対応

スマホのデータ通信量は契約プランによって違ってきますが、せっかくのプラン分の容量を使いきれずに残ってしまう月もあると思います。楽天でんわを使用の場合であれば、次の月に残ったデータ容量を持越して利用うることができるのです。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、データ通信量の繰り越しができるのは、楽天モバイルのメリットと言えるでしょう。格安スマホですが、余ったデータを無駄なく繰越せるサービスがあると嬉しいですね!

電話代がお得な、楽天でんわ

電話代を半額にしたいなら楽天でんわが良いです。IP電話とは違い、プレフィックス型通話サービスと言うサービスで、発信者の番号が相手へと通知されます。当然のことですが、ご自身が普段利用している番号が相手に表示されます。ですので、電話に関して何の違和感もありません。たいていのIP電話は相手側に番号が表示されず、不信感を抱かれてしまったり、050番号が表示されたりして、ちょっと使いづらいですが、その点楽天でんわは、非常に使い勝手が良いです。また、楽天でんわを使用した場合の通話料でも、楽天ポイントの加算対象になりますので、更におトクですね。これだけじゃありません。

5分かけ放題オプション開始。

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、MVNO(いわゆる格安スマホや、格安SIMを提供している通信会社)では、かけ放題プランはまだほとんどありません。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。このたび楽天モバイルでは月額850円で、5分間までの通話なら何回かけても無料になる「5分かけ放題オプション」をはじめました。この5分かけ放題のオプションでは電話回線を使用しているので 、発信者番号通知も、楽天でんわや通常発信のように対応でき、いままでの通話となんら変わることのなくご利用いただけるもので、利用者にとってはたいへん魅力的なサービスです。
 NifMoにも通話し放題のサービスがありますが、こちらは発信者の番号が通知されない事が多いとレビューされています。楽天でんわを使用した場合、通常1分21.6円の通話料ですので、この新サービスは、毎日、2分程度のちょっとした連絡を毎日するという人には、たいへんお得なサービスです。 

到着した月は無料

楽天モバイルを契約すると、最初の一月は月額料金がタダになります。注意して頂きたいのは、「1ヶ月」というのは、SIMが届いた日から1ヶ月間ではなく、届いたその月ということです。SIMカードが月の初めに到着すれば、無料期間が1カ月となることもありますね!ただ、現在お使いの携帯料金の支払いや解約手数料もありますので、月の初めまで待つことが良いとは限りません。 ”

楽天モバイルの通信スピード

楽天モバイルは、0通信スピードに関しては、何不自由ない速度ですね。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、楽天モバイルの魅力的な特徴の一つです。これからも、MVNOや格安スマホのサービスがますます広がりそうですね。

楽天モバイルの速度制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、契約者が公平で快適な通信が行えるように、一定のデータ量を超えて使用している者に対しては速度制限を行っています。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、規定の通信量を超えた利用者には、速度制限がかけられます。ここ3日間でのデータ使用量が一定の値を下回れば、通信制限は解除されます。普通の使用方法を守っている限り、制限に該当するかどうかは、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

【今月のキャンペーン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)