IIJmioのメリット・デメリット、プラン詳細まで網羅!

IIJmio料金と解約

IIJmioの料金プランや通信速度についてご紹介します。IIJmioを契約しようかと思案されている方は、今契約しているサービスと対比させて、どれだけ通信費が抑えられるか、ご参考にして頂ければと思います。 料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

IIJmioの月額プラン・初期費用

IIJmioの料金は、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。070/080/090番号を使う場合には、音声SIMを選ぶことになるので、従来のキャリア端末と同様にご使用されたい場合は、音声通話専用のSIMを選ばなければいけませんので注意が必要です。通話SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データ専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約制限

IIJmioの違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。音声通話SIMに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。もし何らかの理由により12ヶ月に満たない間に契約を解除する場合は、9,000円も、解約するのに手数料がかかってしまいます。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、13ヶ月以上経てばいつ解約しても良いので、安心です。

みおふぉん速度

様々なMVNOの中でも、IIJmioは、docomoの4GLTE(225Mbps)回線を使ったら格安スマホサービスです。つながる範囲や回線スピードには、docomoの回線ならではの信頼感があります。通信速度も速く、安定感があり、レビューの評価やコメントを見ても、かなり良い評価を受けているのではないでしょうか。安定した実効速度を供給するけれど、値段は格安なスマホを求めている方に、IIJmioがピッタリです。

IIJmioにおける3日間制限

IIJmioは、低速通信時の注意点としては、使用条件によっては速度制限がかかってしまうことがありえます。具体的には、直近3日間(当日は含まず)の通信量が合計366MBを超えてしまった場合です。通信速度に上限が設定されるのは低速通信の時だけで、高速通信の場合は対象外になります。ユーザーが平等に使えるように、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、決められた容量を超過したユーザーに対して、通信速度が規制されます。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。

IIJmioの評価

IIJmioの強味として、サポートが手厚いこととブランドからくる信頼性の2点があります。格安SIMランキングでも総合部門でトップを飾り、 顧客満足度の高さは間違いないものであると考えられるでしょう。分からないことがあっても、専任のスタッフが電話で対応してくれるため、格安SIMや格安スマホを初めて使ってみようと考えている方でも、何の心配もなく利用できる格安スマホだと言えます。

手厚いサポートと安定した実効速度が魅力的!

口コミや評判の中で、IIJmioの特徴を見てみると、通信速度が安定していることとサポートが手厚いことが好評を博しているようです。顧客満足度でも評価されているように、総合部門において、最優秀賞を受賞している実力の持ち主です。なんといっても、IIJmioはオススメの格安スマホだと思います今現在、MVNOは数多く存在していますが、IIJmioは強力なブランド力と信頼を勝ち取っているMVNOだといえるでしょう。実際に、サービスの利用者間でも好評を得ているMVNOなので、格安スマホ、格安SIMを今後検討されている方にとっては、第一歩として自信を持ってお勧めできるアイテムです。

IIJmioのユニークポイント

格安SIMと格安スマホを提供している株式会社インターネットイニシアティブのサービスである「みおふぉん」について、これから紹介していきます。MVNOサービスを古くから市場に提供しつつけているのが、この株式会社インターネットイニシアティブで、格安SIMが始まった当初からのサービス利用者であれば、誰でもIUmioという名を一度は聞いたことがあるはずです。2015年には、格安SIMアワード2015という顧客満足度を調査する企画で総合部門において最優秀賞を獲得しています。最優秀賞という栄誉ある賞を受賞できた理由として、サービス開始から地道に積み上げてきたブランドイメージと顧客を大切にしているサポート体制が評価されています。さて、それでは、早速、IIJmioのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。IIJmioのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomoの基地局を利用した格安スマホ!

株式会社インターネットイニシアティブの格安スマホサービス「IIJmio」は国内最大手のdocomoの通信回線網を利用してそのサービスを提供しています。そのため気になる通話品質はdocomoと変わりませんし、サービスエリアの広さやつながりやすさもドコモと同じで、安心感があります。これまで使用していたdocomoのスマホであれば、IIJmioでもそのまま使うことができます。もちろん、IIJmioのSIMフリーのスマホ、SIMカードをセットで買うこともOKです。二台目のスマホが欲しい方にも最適です。docomoのスマホが手元にあるなら、IIJmioでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、スマホ本体代の分が浮き、安く購入できます。IIJmioはdocomoと同じようなサービスが受けられるのに安いので、とても魅力的なサービスです。

バースト機能│快適な低速通信

IIJmioは低速通信時でもWebを快適に使えるようにする「バースト機能」をサポートしています。名前だけではどのような機能かわからないと思うのでご説明します。バースト機能とは、通信においての機能で、通信が低速な際に通信の初め数秒間のみ高速通信を行い、WEBページを表示する際のレスポンスを向上させる機能になります。そのため、低速通信の時でも速いスピードで読み込みができるようになるので、ページの切り替えがスムーズになり、快適にネットサーフィンを楽しめるようになるので、かなり画期的な機能といえます。しかし、この機能が搭載されているのは、今のところIIJmioとIIJmioだけとのことです。

データ通信量の翌月繰り越し対応!

プランによって使えるデータ容量に差がありますが、月によってはあまりモバイル通信を使用せず、データ通信料を余らせてしまうということもありえます。しかしIIJmioの場合なら、使い残した分の容量を次の月に引き継ぐことができます。MVNOによっては、翌月繰越しに対応していないものもあり、翌月に繰越せるIIJmioは魅力的ですね。特に格安スマホの場合はデータ転送量がネックになってきますので、翌月繰越を賢く利用しましょう。

IIJmioのファミリーシェアなら、最大10枚!

ファミリーシェアというサービスのあるIIJmioなら、増やせるSIMカードが、最大なんと10枚!親の世帯とこの世帯ともにIIJmioへ乗り換えれば、毎月重くのしかかる通信費も減らすことが出来るでしょう。1つの家族を携帯料金に置き換えてみると、家族旅行が楽しめる位、あっというまに貯まってしまいます。この際、家族そろってIIJmioに乗り換えてみませんか?格安スマホを使ったことがなくて不安だと言う方でも、IIJmioならサポートサービスが充実しているので問題無し!オプションには、「みまもりパック」があるので、安全性の観点から子どもに持たせてもいいですね。

【今月のキャンペーンは?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)